民事再生 借金返済

民事再生で借金返済の負担を軽減できる!

民事再生で借金返済の負担を減らしたい
借金の苦しさから1日でも早く開放されたい
民事再生をしたいけどどうすればいいのか分からない

 

借金苦から開放されるために無料相談で専門家に相談するのが一番です

 

↓↓↓無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します

 

債務整理の手段として民事再生(個人再生)というものがあります。

 

これは住宅ローン以外の借金を大幅に減額して返済不能なほどの借金を抱えて困っている人を

 

救済する制度です。一般的に借金が5分の1程度に圧縮される事になります。

 

デメリットといえば官報に記載されるだけです。

 

官報は一般人がみるようなものではなく、たとえ知り合いが見たとしても

 

大量の民事再生した人の中から探さないと見つからないので知り合いに知られる心配はありません。

 

 

民事再生に向いている人

 

民事再生にもその人の希望によって向き不向きがあります。

 

自己破産と違い借金が帳消しになるわけではないので継続的に収入が安定して入る必要があります。

 

毎月きちんと減額後の残りの借金を返済していかなければなりません。

 

また住宅ローンを抱えていて同時にその他の借金があり家は手放したくないけど、

 

住宅ローン以外の借金を減額したい人が向いています。

 

それから保険外交員や警備員など破産すると資格停止されてしまうような仕事の人です。

 

 

民事再生は家族や会社に内緒で出来るのか?

 

民事再生を行うためには裁判所に提出書類を求められることになります。

 

その中には同居家族の給与明細や公共料金の領収書が必要です。

 

家族に知られないように資料を入手出来るのであれば、こちらから告げなければバレることはありません。

 

また勤務先の会社に対しては5年以上勤務している場合に退職金の見込額を証明する書類の

 

提出を求められます。その場合、本当の理由を知られずに証明書の発行をしてもらうのは困難でしょう。

 

しかし会社の退職金規程から見込み退職金額を算出することが出来るのであれば証明書は必要ありません。

 

 

弁護士費用はどれくらいかかるの?

 

これは借金の総額によっても変わってきまうが、一般的な弁護士事務所では総額で50万程度かかります。

 

自分で行うことも出来ますが、裁判所に収める予納金30万円が必要です。

 

それから手続や書類作成などの労力や時間を取られることを覚悟しなければなりません。

 

借金の総額が5分の1程度に圧縮されるのでその経済的なメリットが弁護士費用を上回れば

 

依頼する価値があるのではないでしょうか。

 

 

 

まずは現状を把握するために気軽に無料相談をしてみては?

 

民事再生は借金に苦しむ人を救う素晴らしい制度ですが、どの程度有効なのか、個人の借金の状況や要望によっても

 

変わってくるので一度無料相談してみることをおすすめします。

 

借金を一日でも完済して平和な生活を取り戻すためにも始めの一歩が必要ですね。

 

↓↓↓手遅れになる前に民事再生するならこちらから

 

>>無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します<<